16時までのご注文で当日発送可能!
16,000円(税込)以上のお買い上げ
送料無料

ブログ

2019/05/26 13:30

昨年のスキーバム活動報告会 2017/18J skisマンキニセッションはアート体験だと主張した。


もっともらしく論じてるけど、もちろん半分はったり。
アートを生業にしてる人からしたら、半笑いどころかはっ倒されかねない。
今回の第9回 J skisマンキニセッション<鳥海山>は試金石となる。悪ふざけや話題性以上の価値がある行為なのか?

2019年5月26日 鳥海山にて

結論から言えば、今もって分からない。ただ、新しいことがあった。
今回のセッションには女性スキーヤーがビキニで参加してくれた。肌寒い風や凸凹の雪面は絶好のビキニスキー日和とは言い難い(マンキニ快適指数70)。にもかかわらず、楽しむ姿を見られた。

後から、彼女がアートを仕事にしてると知った。張り手の代わりにガッツポーズをもらった。
だからと言って、マンキニセッションとアートを安易に結びつけられない。

ただ、マンキニセッションは男性だけでなく人類(mankind)に開かれた祝祭だと思う。
人は年一度の祝祭で再生する。一度死んで蘇る。初マンキニは今の自分をいったん殺す。日常の垢にまみれた心身を浄化する。アート体験も同じ。 
   

 




長野県北安曇郡白馬村北城1324-1
E-mail:naoyuki@skibum.jp