12月の店舗営業:土日曜/祝日 午後1時〜6時 スキー場オープン後は平日営業スタート
15,000円(税込)以上のお買い上げ
送料無料

バム商ブログ

2022/10/10 15:18

BACKCOUNTRY SHOULD BE DOPE 

DEADSTOCK COFFEEとコラボしたジャケット&ビブは、普遍的なTREWのスタイルをベースに、デッドストック・コーヒーのスニーカーカルチャー、オールドスクールなNASCARカラー、スノッブフリーのメンタリティから着想を得ました。
その結果、ゆったりした着心地と悪魔的なカラーのこれまで見たことないセットアップの誕生です!






セットアップで10,000円オフ!

第1次オーダー締め切り:10月17日(月)
入荷予定:2022年11月上旬

予約品以外の入荷はありません。

TREWギアはノーバウンダリーなスタイルです。
スキー/スノーボード、スタイルを問わず、ご自由に雪山でお使いいただけます。





TREWの定番JKTコズミック
ベットから出て、玄関ドアを開けて、雪山へ入る。
コズミックはTREWのベストセラーのアウターシェルです。
その理由はいたってシンプル。
すべてが雪山ですばらしく機能するからです。

スキー場のホットラップは大丈夫? 👍👍👍
氷河でロングウォークは大丈夫? 👍👍
パークでダブルバッキーは大丈夫? 👍👍👍

コズミックは耐久性と耐水性、収納性に優れた3レイヤーのミニマムなジャケットです。
しかも疲れ知らず。

堅実で実直。
コズミックは、バックカントリーで揺るぎないパートナーです。



TREWth 信者限定ビブ
冷たい雪の中に無重力状態で飛び込み、洗礼を受けたあなた、巡礼の旅からおかえりなさい。
淡い光の中に、真実を見たはず。
必要なのは、本当に良いビブであると。

TREWth ビブはリゾートやツーリング、ツボ足のすべてに対応するようにデザインされています。
PNWパウダーデイの浸礼の正装です。



日本のTREWファンのみなさま、こんにちは。
TREWのオーナー兼デザイナーのクリスです。

DEADSTOCK COFFEE(デッドストック・コーヒー)のイアンと初めて会ったのは2018年、ぼくたち二人がBuilt オレゴンというポートランドを拠点とする起業家のためのインキュベーターのメンバーだったときです。
イアンのビジネスは、デッドストック・コーヒーというスニーカーをテーマにしたコーヒーショップですが、たちまちポートランドで最も好きなブランドのひとつになりました。

DEADSTOCKは自称「スノッブフリーゾーン」。
スニーカーとコーヒーという一見すると異質で気取った2つの世界をぶつけ合い、新しいものを生み出しています。
ショップは気さくでフレンドリー。そして文句なしにクールです。
なんといってもコーヒーは超正統派。

イアンと話していると、彼もまた熱烈なスノーボーダーだとわかりました。
ポートランドで育った彼は、マウントフッドでスノーボードを学び、山への深い愛情を育んできました。
社会的な成功の還元として、アフリカ系やラテン系のスノーボーダーを増やす活動にも力を注いでいます。

真面目でむづかしい話ではありません。イアンのコーヒーショップに行くと直感的にわかるでしょう。
近づきがたいものを、より親しみやすく、よりクールに。

それは、TREWがテクニカルアウターウェアで常に目指してきたことでもあります。
だから、Built オレゴンの創設者であるミッチからコラボレーションの話が持ち上がると、ぼくとイアンはほぼ同時に「イエス」と答えたのです。

「コラボ」という名のつくものには、話題先行の部分もありますが、クールであることに変わりありません。
1つのロゴより何がいいかって?
もちろん、2つロゴがあることです。

ぼくは皮肉屋ではありますが、コラボは最高に楽しい仕事だと思っています。正しく実行されれば、それぞれのパーツの総和よりも大きなものになるからです。

TREWは大企業とのコラボレーションを何度か経験しましたが、承認を得るための仕事に振り回され、苦痛ばかりで頓挫したこともあります。
その点、イアンやデッドストックのスタッフと一緒に、アウターウェアとアクセサリーのコレクションを作り上げることができたことは、大きな喜びになりました。

イアンの経歴を簡単に紹介します。
イアンは熱心なスニーカーオタクです。これがきっかけで、ナイキでスニーカーの保管袋をデザインするまでになりました。
ポートランドの直営店で働いた後、隣のビーバートンにあるナイキのキャンパスで今度は、証券を保管する仕事を得ました。

証券保管人からデザイナー?
普通なら想像できない転身ぶりです。
でもイアンに会ったことがある人なら、びっくりしないでしょう。
イアンはデザインミーティングに首を突っ込み続け、ついには「翌日スニーカーのデザインのアイデアを持って来い」と言われたそうです。

黄色と黒、そして真っ赤な縁取りが特徴的なイアンのスニーカーは、清掃員がよく使う「WET FLOOR(濡れた床)」の注意看板にインスパイアされたものです。

2020年にイアンと甥のヌーリがTREWのオフィスにやってきて、コラボレーションのアウターウェアキットのアイデアを練り始めたとき、ぼくたちはすぐに「WET FLOOR」の黄色、黒、赤のトリムの組み合わせで決まりました。

モニター画面の前に座ってカラーバリエーションを試す間、イアンとヌーリは文字通りぼくの肩越しに、カラーブロックの各オプションに意見をぶつけ合いました。とても楽しい時間でした。
カラーパターンが決まり、ヌーリがロゴを赤にすると、完成です。
ハイタッチをしたら、いよいよぼくらの仕事の番です。もう承認は必要ありません。

出来上がった製品は、1年前のモニター越しのイメージ以上に素晴らしいものになりました。
次はみなさんの番です。モニターを離れて、ぜひ手にとってみてください。

Stay TREW 👍
クリス



セットアップで10,000円オフ!

第1次オーダー締め切り:10月17日(月)
入荷予定:2022年11月上旬

予約品以外の入荷はありません。

スキーバム商会
長野県北安曇郡白馬村北城1324-1
TEL: カスタマーサービス 080-2136-5643(稲葉)
E-mail:nao@skibum.jp