11月の店舗営業:土日曜/祝日 午後1時〜6時
15,000円(税込)以上のお買い上げ
送料無料

バム商ブログ

2022/07/30 09:54

こんにちは、日本のフリースキーファンのみなさん、J skis オーナーのジェイソンです。

4月下旬、チームとぼくはユタ州のスノーバードリゾートで春スキーの写真撮影に出かけました。ニュースキーに乗るのはいつも最高です。
カッコいいスキーのカッコいい写真をチームメイトと一緒に撮ることは、仕事とはいえ、毎回楽しい経験になります。新しいスキーを開発する苦労が報われる瞬間でもあります。

若いスキーヤーに混じってフルターボでチャージしたあげく、派手に転倒して体を痛めましたが、それも幸せなことだと感じます。長いコロナ禍の下、小さなスキーカンパニーはどこも大変ですが、今年もこうして、楽しい写真をみなさんにお届けできるのですから。

今年の冬は、Jのニュースキーで、いっぱい転ぼう🤘



真夜中のオフィス。工場から出荷されたばかりの真新しいスキーにビンディングを取り付けました。ぼくと同じくスキーの方も、早く滑りたくてうずうずしてるかも。


一本目のリフトはいつもテンションが上がります。天気も良くて、みんな大興奮。派手なソールも映えて、デザイナーも大興奮でしょうね。


コーデュロイキラーのサム・グッドヒュー。サイケデリックな「マスターブラスター」の高速カービングで、ウォーミングアップ終了!


雪が柔らかくなるやいなや、ジャンプセッションが始まりました。仲間の背中を追いかけるうちに、スキーは自然に上達します。新しいスキーが自信を与えてくれたら、この場でジャンプしたいくらい嬉しいですね。


Jのスキーエンジニアでスノーバードのローカルギレイ・ダダリ(別名:アーメット・ブラザー)の360コサック。優雅に空を舞う翼に見えませんか?


自分でもほれぼれするコケっぷりです。トマホーク3回はこの歳にはキツい😂


幸いなことに、アマチュアドクターのギレイが痛みを和らげてくれました。2ヶ月たった今でも、オフィスワーク2時間で背中が痛み出します😂


どのラインでいく?スノーバードにはクリフがいっぱい。緊張しますが、ライン選びは楽しいひと時です。スノーバードのローカルがチームにいて、ラッキーでした。ぼくたち東海岸のスキーヤーも、セーフティにチャージできました。


荒れた急斜面でも「ファストフォワード」で完璧に雪面にマッチした滑りをみせるローカルのキャロル・カーネージ。ホットドッグスキーが好きなキャロル。オールドスクールのソウルを継承するJのフィーリングにも完璧にマッチしたようです。


ハードコアスキーヤーの信条 ”Drop cliffs, Not Bombs” を即断実行するザック・ライアン。ツーリングモデルの軽量スキー「スラッカー」の開発時の命題は「贅肉を削ぎ落とせ、性能ではなく」。スラッカーの性能をザックがしっかり証明してくれました。


春スキーのお楽しみは、駐車場にあり。一汗かいたら、Rainier ビールで乾杯。真新しいスキーも、いい汗かいたようです😂


マイク・ヘイズのビンディングの解放値を上げました。午後の雪は重くなり、足をとられやすいからです。スキーが不意に外れて、転んでほしくありません。トマホークの写真は午前にしっかりとれました🤘


ターン前半で「エスカレーター」を少しスライドさせてから、シュート出口に向かって板を走らせました。歳をとっても、体は自然と反応します。このスムーズなムーブは、今も記憶に残っています。


スノーバードの悪名高いジャンプスポット「ウェーブ」でバックフリップする アナ・アイシモン。教科書に載せたいきれいな姿勢ですね。


ギレイとジャスティン・ケネディ に手本を見せるアナとキャロル。シュートでもレディファーストはスキーバム紳士のマナーでしょーか?


スキーギタリストのレジェンド、ブリットン・ボネラの大音量プレイは、ぼくらにハードロックの魂を注入してくれました。ギレイのエルヴィスばりの腰に注目です。


本日いちばんのお気に入り。たくさんの笑顔を撮ってくれたフォトグラファー、クリストファー・ニュウェットに感謝します。



J skis 2022/23 ニュースキー&ニューグラフィック
8月2日(日本時間) 日米同時公開&予約受付けスタート! 




スキーバム商会
長野県北安曇郡白馬村北城1324-1
TEL: カスタマーサービス 080-2136-5643(稲葉)
E-mail:nao@skibum.jp