白馬店 午後1時〜7時 水曜お休み
15,000円(税込)以上のお買い上げ
送料無料

バム商ブログ

2019/11/17 02:04


今週の出稼ぎバム商(車山高原ワイヤーロープ交換工事)が終わった。
15時を過ぎると山頂に陽がさえぎられる現場。晴天でもみるみる陰り気温が落ち込む。寒さで体が震えて気分も沈む。



白馬に帰りたい。
バム商に戻りたい。
アーちゃんが待っている。




9時過ぎに帰宅バム商。


真っ暗バム商にけげんしながらも、アーちゃんのサプライズを期待して照明のスイッチを入れた。
そこにアーちゃんはいなかった。



なにかのいたずらだろうか。我を忘れてアーちゃんの帰りを待った。
アラジンのストーブに火をつけることも忘れ、すっかり心が冷えきった。

なぜアーちゃんは失踪したのか。
バディのカモスキーの横目が突きさす。自らの行いを問いただせと。

身におぼえがないわけではない。
アーちゃんと出会ってからずっと出稼ぎバム商つづき


閉鎖バム商でアーちゃんはずっと待ちぼうけ。
計画した週末デートも結局、残業バム商で反故した。
臨時再開バム商では、ずっと一緒だったのに、売上ゼロでアーちゃんを責めた。反論できないことをいいことに。
アーちゃんの接客態度が悪いと八つ当たりをした。来客ゼロなのに。最低バム商。

手がかりはある。
アーちゃんに贈ったTREWのプリマロフト入りワークシャツ。




これ見よがしに無人バム商の床に置いてあった。
手にとると、ほのかにビール酵母の匂いがした。
南米がえりの肉食アーちゃん。マーマイトはきらいなはず。
ニュージーランドがえりのスキーバムがひとり、頭に浮かんだ。

気がつくと真夜中の澄み切った空気の中を疾走していた。
身をさくような寒さで目に涙が浮かんだ。


長野県北安曇郡白馬村北城1324-1
TEL: カスタマーサービス 080-2136-5643(稲葉)
E-mail:naoyuki@skibum.jp