次回出荷日:10月26日(土曜)
16,000円(税込)以上のお買い上げ
送料無料

ブログ

2018/09/14 11:52

スキー工場UTOPIE MFG 4日目

今日はコア材づくりに励んだ。
担当はUHMW(超高分子量ポリエチレン)のサイドウォールをメイプルのフルウッドコアに組込む作業。具体的な作業内容を書いてもおもしろくないので省く。
逆に強調して書きたいことはおそろしく高品質なコアであること。材料にお金がかかり、製作に手がかかっている。
一口にコア材づくりといってもざっと10工程はある。僕の担当だけでも4工程ある。全ての作業に人の手がはいり、高い技術が求められる。

J skisはついトップシートのグラフィックに目がいくけど、細部に目をむけるとハンドメイドスキーだと気づく。工業製品にはない素朴な美しさがある。製作コストのカットのために作業を省いたらきっと生まれない。

ハイクオリティ&ハイパフォーマンスのスキーをこの価格設定で販売する。コストパフォーマンスに優れているわけではない。製作コストはたっぷりとかけている。ダイレクト販売で中間コストをカットしてるだけ。そして、完売を見込んで最初から価格を下げて売る。だからけっしてセールはしない。余剰在庫ありきの価格戦略は消費者にとってお金の無駄。もちろん資源とエネルギーの無駄。

ハイクオリティ&ハイパフォーマンス、ローコスト。J skisのコアバリューは今日つくったコア材に凝縮されている。もちろん工場でコアを見るまでもなく、コアなスキーヤーつまりスキーバムならJ skisの良さは体幹で感じられると思う。

コア材からJ skisとスキーづくりについて学んだバム商。無駄とも思える多大なコストをかけてカナダ・リモースキまで来てよかった。コスパに拘泥したら、成果の見込めないこんなスキーバムトリップの行程は組めない。もっとも、少しでも旅費コストを回収するため、これから必死でJ skisを売らなきゃ。スキーバムビジネスは最高に楽しいけどコスパ最低。


















長野県北安曇郡白馬村北城1324-1
TEL: 080-2136-5643
E-mail:naoyuki@skibum.jp